タッチ決済

【キャッシュレス初心者必見!】iPhoneにクレジットカードを登録する方法

この記事はこのような方におすすめです!

  • クレカをiPhoneに登録って、どうやればいいの?
  • Apple Payに登録すればいいんだよね?でも、それってどうやるの?
  • そもそもカードを登録してどんな使い道やメリットがあるの?
  • Apple Payってなんなの?

Apple Payにクレカを登録することにより、iPhoneをセブンイレブンなどで、クレカのように使用できる、超便利な機能。

クレカを持ち歩くことなく、スマホがカード代わりになるこの機能、iPhoneユーザーなら、使わないとめちゃくちゃ損です!

とっちゃん

私は令和元年からキャッシュレス派で、セブンイレブンに入るときは、財布を持たずに、iPhoneだけ持っていきます。

この記事では、「iPhoneにクレジットカードを登録する方法」の他に、「Apple Pay」「Suica」「QUICPay」「タッチ決済」についても、解説していきます。

手順通りに登録すれば、今日からあなたも、セブンイレブンでのお買い物は、iPhoneひとつで完了です。

タッチ決済について詳しい解説は、こちらの記事【クレジットカード登録済みスマホでコンビニタッチ決済|タッチパネル使い方】を参考にしてください。

それでは本日もよろしくお願いします。

Apple Payとは?

  • 無料で使えてお財布代わりになる
  • 非接触型決済サービス
  • iPhoneかざすだけで電車バスに乗れる
  • Suicaやクレカを登録して使うもの

Apple Payは、非接触型決済サービスのことで、「おサイフケータイ」のiPhone版とイメージすると少しわかると思います。

もっと簡単にいうと、スマホを財布のように使用し、会計が完了してしまう機能。クレカ以外にも、Suicaを登録すれば、改札でiPhoneをかざすだけで通れます。

この時Suicaをエクスプレスカードに設定することにより、アプリを起動する必要も、Touch IDの指紋認証もせず、iPhoneがロックされた状態で使えるのが超便利なんです!。

Suicaは旅行で使うと超便利

Suica

Suicaって聞くと、「通勤で使う」というイメージが強いと思います、でも、旅行で使うとめちゃくちゃ便利です。

Suicaを使うと便利な交通機関4選
  1. 空港発着のリムジンバス
  2. 空港発着の電車
  3. 旅行先で移動に使う路面電車など
  4. 観光地で乗るフェリー

普段乗りなれない土地で、乗車切符を買うのは、何かと面倒に感じます。まず、料金表を見てもよくわからないとか…。切符を買わなくていいのは超楽です。

Apple Payに登録したSuicaがあれば、料金表とにらめっこすることもありません。

乗るとき、端末にiPhoneをかざして、降りる時も端末にiPhoneをかざすだけで、移動ができてしまいます。

Apple PayとQUICPayの関係

正直私も最近まで、こんなふうに思っていました、「どんな違いがあるの?同じ電子マネーか何かでしょ?」と、両者の関係性をあいまいにとらえていました。

でも、例えばなしで説明すると、わかりやすくなります。「Apple Payは、みんなが持ってる財布やカードケースだとイメージしてください」。

それに対して、「QUICPayは、中身の現金やクレカのようなものだとイメージすると」、なんとなく理解できます。

さらにいうと今度は、ゲーム機で例えてみます、「Apple Payは、プレステ本体の役割で」、「QUICPayはプレステのソフトのようなイメージを持つとどうでしょう。

ゲーム機本体だけあっても、ゲームのソフトがないと、使えません。

結果的に、QUICPayなどの電子マネーを設定することで、Apple Payに登録したクレカ等を使い、支払いができるようになります。

とっちゃん

QUICPayが使えてすごく便利だなーと感じたお店4選

  1. エネオス
  2. 空港のお土産店
  3. 近所の小さなスーパー
  4. 作業服店

最新で便利なタッチ決済

大手コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど)やマクドナルドでは、タッチ決済で支払うこともできます。

今までは、Apple Payに登録したクレジットカードを使う時、QUICPayを使い電子マネーで決済していました。

しかし、【VISAのタッチ決済】【MasterCardコンタクトレス決済】の登場で、クレジットカード決済が可能になり、QUICPayを通さなくても、Apple Pay単体で、クレカ決済が可能になりました。

コンビニタッチ決済のやり方については、こちらの記事【クレジットカード登録済みスマホでコンビニタッチ決済|タッチパネル使い方】を参考にしてください。

Apple Payにクレカを登録する方法

とっちゃん

クレカやSuica、搭乗券(パス)などは「Walletアプリ」に登録して使います。

ここからApple Payにクレカを登録していきます。写真を使い解説していくので、どうぞクレカとiPhoneを手元に用意し、サクッと私と一緒に登録していきましょう。

Walletアプリをひらく

  • 左写真 Wallet(ウォレット)アプリを開く
  • 右上の「」をタップ

(右の写真では、私がすでに登録した、クレカが表示されていますが、初めて登録するときは、何もない状態です。)

続けるをタップ

  • 続ける」をタップ
  • クレジットカード等」をタップ

枠内にクレカを合わせる

  • 枠内にクレカを合わせてください(カード番号や名前が記載されてる面)。
  • 自動的に「カード番号」「有効期限」「名前」が読み取られ、入力されます。(カードによって、読み込みがうまくいかずに、「有効期限」と「名前」が間違って表示されることがありましたので、そこは注意です。そういう時は、自分で入力し直しましょう。)
  • 右画面、「名前」「カード番号」に間違えがないか確認。
  • 右上の「次へ」をタップする。

セキュリティーコードを入力

  • 有効期限は自動入力されるので、3ケタのセキュリティーコードだけ、手動入力します。そして、右上の次へをタップ
  • すると、右画面、カードを追加中」(カード発行元に問い合わせ中)と表示されますので、数秒間待ちます。

利用規約の同意をタップ

  • 利用規約」が表示されるので、内容にサッと目を通したら、右下「同意する」をタップしましょう。
  • すると右画面、「カード追加中」(Apple Payのカードを設定中)と表示されるので、5〜10秒待ちます。

とっちゃん

利用規約が表示されますが、「Apple Payは完全無料で利用できますどうぞご安心ください。

カードの追加と表示される

  • 左画面、「カードの追加」(お使いのカードがWalletに追加されました)と表示されます。
  • そして、右画面へと切り替わり、下の「次へ」をタップしてください。

認証方法を選択する

  • 左画面、「Apple Payで利用したいカードを認証する方法を選択してください」と表示されます。どちらを選択してもかまいません、今回は、SMS(ショートメッセージサービス)を選択します。
  • 左画面、右上の次へ」をタップしてください。
  • 右画面、5〜10秒ほど待っていると、「SMS」で認証コードが送られてきます。
  • 画面中央、「認証コードを入力してください」と表示されていますが、【ここは自動で入力されるので、自分で入力する必要ありません。なので、「SMS」の画面を開く必要もないので、自動入力されるまで5〜10秒ほど待ちましょう

とっちゃん

私が使ってる携帯キャリア「楽天モバイル」では「SMS」が使えない!?という、勝手な思い込みをしていたのですが笑、何も問題なく「SMS」を受信できていました。

アクティベート完了

  • 左画面、「アクティベート完了」という表示がでると、これでクレカをApple Payで利用可能になります。そして、右上の「完了」ボタンをタップします。
  • 右画面の下、登録したカードを「メインカードとして使用」するかどうかを設定することができます。

とっちゃん

過去に登録履歴があるカードの場合、セキュリティーコードを入力するだけで、追加が完了します。

いちばん使うカードはメインカードに設定

メインカードに設定しておくと

左画面、「Walletアプリ」をタップしてひらきます。

右画面、アプリが開くと「メインカード」に設定したカードは、いちばん手前に表示され、使いやすくなります。

このとき、他のカードを選択したい場合は、使いたいカードを選び、指でタップするだけです。

スリープ画面からWalletアプリを一瞬で立ち上げ

  • 左画面、スリープ状態のホームボタンをダブルタップ
  • 右画面、一瞬でWalletアプリが起動
  • メインカードに設定されてるカードが一枚だけ表示される
  • その他のカードは、下の方に重なって、収納されています。
  • 収納されてるところからも、選択できます。

Walletアプリにカードは何枚追加できる?

Walletアプリ

iPhone8や8plus以降の機種では、クレカやSuicaを12枚登録でき、それ以前のモデルでは、8枚まで登録できます。

8枚登録可能な機種
  1. iPhone 7 plus
  2. iPhone 7
  3. iPhone 6s plus
  4. iPhone 6s
  5. iPhone 6 plus
  6. iPhone 6
  7. iPhone SE(第1世代)

Walletからクレカを削除する方法

Wallet」アプリからクレカの削除方法を解説します。

左画面、「Wallet」アプリを開き、削除したい「クレカ」をタップします。

右画面、下までスクロールすると、「このカードを削除」のところをタップすると削除完了です。

設定から削除する方法

設定」(歯車マーク)から、クレカの削除もできます。

左画面、「WalletとApple Pay」をタップします。

右画面、削除したいカードをタップし、「このカードを削除」をタップすれば、削除完了です。

まとめ

Apple Payは無料で使えてお財布代わりになる、非接触型決済サービスのことです。

Suicaやクレカを8〜12枚登録して使えるのが、すごく便利です。

例えていうと、Apple Payがお財布だとイメージします。それに対しQUICPayは中身の現金だと仮定すると、「Apple Pay」「QUICPayこの両者の関係性がなんとなく理解できます。

Apple Payに登録したクレカはQUICPayを使い、電子マネーとして使用することができます。

一部のカードでは、「タッチ決済」ができるようになり進化しています。

「タッチ決済」とはQUICPayを使わなくても、iPhoneをかざすだけで、カード決済が完了してしまう、超便利な決済方法。

タッチ決済について詳しい解説は、こちらの記事【クレジットカード登録済みスマホでコンビニタッチ決済|タッチパネル使い方】を参考にしてください。

Apple Payにクレカを登録するには
  • Walletアプリから➕をタップして登録。
  • カメラが起動し、自動でカード番号を読みとってくれる。
  • でもセキュリティー番号は自分で入力。
  • SMSで認証番号が送られてくるけど、それも数秒待つと、自動入力してくれる。
  • この記事を読めば、誰でも簡単に、今日から「Apple Pay」を使って、キャッシュレス生活が始められます。

それでは本日もありがとうございました。

\JALマイルがたまるカード/

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事がこちら